新潟市中央区古町のおむすびやさんです。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 桃白玉 | main | 臨時休業のお知らせ >>
冨田貴史さんワークショップのご案内。
10月7日、8日、9日に冨田貴史さんをお招きしてワークショップ、お話会を開催します&#10024;
ぜひご参加ください。

「耳を澄ます」

共感的コミュニケーションワークショップ

〜自分の心の声聴こえていますか?〜

日々、こなさなければいけないことが山積みでやってられないと思ってしまう…そんな時、あなたは心の奥の小さな声を無視してしまっていませんか?

耳を澄まして注意深く、自分の心の声を聴くことができるようになると、自分を大切にできるようになって、だんだんと周囲のひとたちとの関係性も変化していきます。

新潟国際情報大学教授の佐々木寛先生と冨田さんのお話を通して自分との対話の大切さを皆さんと考えてみたいと思います。

・日時10月7日 18時30分から
・会場 古町神明宮
新潟市中央区古町通一番町500番地

・参加費 3500円(お弁当付き)


「麻炭で染めてみる」

〜麻炭を使って布を染めるワークショップを開催します〜

日本に住む私たちは、スーパーや格安衣料品チェーン等で気軽になんでも買うことができます。
でも格安の衣類や食料品は生産の課程で、環境に負荷をかけ生産地の人々を犠牲にしてしまっています。
いきなり綿を育てるところから、服に仕立てるのはハードルが高いかもしれませんが、布を染めてみるところから自分たちにもできる自給について考えてみませんか?

*今回の染料 麻炭について*

麻は浄化、清浄の力が強い植物で、衣類、縄、紙、食品などに使われてきた植物です。
麻を炭化させた麻炭は木炭や竹炭と比べても非常にキメが細かく、消臭力や浄化力はさらに高くなります。
今回使用する麻炭はEM菌とブレンドしたCOSMIC HEMP を使用します。

・日時10月8日10時〜16時
・会場 医学町ビル201号室
新潟市中央区医学町通1番町41

・参加費4500円(布代別途かかります。)
お昼におむすびとお味噌汁をご用意します。
ご負担にならない程度におかずをお一人1品持ち寄りでお願いします。


「旧暦と養生」
秋〜秋土用〜冬編

普段私たちは西暦という人工的な暦を使う事が多いです。
西暦は経済活動に便利ではあるのですが、自然のリズムを無視して作られてしまっているため、自然界の一員である私たちは生活するなかで心地好くなかったり体調を崩してしまうこともあります。

宇宙や自然、季節の移り変わりを観察して作られた旧暦や陰陽五行を学び、季節、季節にあった養生を知り実行する事で日々を元気に生きられるようになっていきます。

今回は秋、冬を迎えるにあたって大事な秋土用、そして新潟の厳しい冬を心地好く過ごす為の養生について冨田さんに教えていただきます。

・日時10月8日18時〜21時
・会場 医学町ビル201号室
新潟市中央区医学町通1番町41

参加費 3500円(お弁当付き)


「お金のこと改めて考えてみよう」

私たちの暮らしに欠かせないものと思い込んで、物を買うのに使ったり、労働の対価として受け取っているお金。

でも、お金ってなんでしょう、一種類だけなのでしょうか?
そもそも、どんな仕組みなのでしょう?

お金の歴史や種類、仕組みを知ることからお金の持つ可能性や付き合い方を探求してみませんか?

・日時10月9日 10時〜13時
・会場 古町神明宮
新潟市中央区古町通一番町500番地

・参加費 3500円(お弁当付き)


・冨田貴史さんプロフィール
京都在住。
ソニーミュージック〜専門学校講師を経て、全国各地で年間300本以上のイベントやワークショップを続けている。
ワークショップのテーマは暦、お金、エネルギー、手仕事など。
大阪中津にて養生のための衣食を自給する冨貴工房を営む。
疎開保養「海旅camp 2015」共同代表
「21st century ship 海旅団」代表代行
『原発事故子ども・被災者支援法』を活かす市民ネット代表。

・佐々木寛先生プロフィール
国際政治学者、平和学者
新潟国際情報大学教授
「おらってにいがた市民エネルギー協議会」の代表理事を務める。

すべてのお申し込みは
むすびや百
メールmusubiyamomo@yahoo.co.jp
電話 070-5567-7870
へお願いします。
ご参加お待ちしております。
スポンサーサイト